まめも!(個人ブログサイトです)

Kanamemo Photo 工事中 工事中 Blog About

ブログ ~ 西日本周遊旅行 #6 錦帯橋

maoP

2021年11月12日~15日(+1)の西日本周遊旅行第6話です。
旅行に出かける皆さまに向けたメモとしても役立てば幸いです。
拙い文章ですがどうぞお楽しみください…。
※執筆日:2021年12月4日

※初回はこちら
※前回はこちら
※各話にはPCでは左のサイドメニューから、スマホでは最後部のメニューからも飛べます

第6話:錦帯橋

あらすじ

三段峡を後にして錦帯橋へやってきた我々。
日本でも随一の有名な橋である錦帯橋は、兼ねてより来たかった場所の1つであった。

錦帯橋

錦帯橋」は何度も流失しては木造で建て替え続けられた橋。
初めて架けられたのは江戸時代であるが、そのころからの遺産かといわれると100%正解ではない。
但し江戸時代からこのような橋であったことは間違いないので、
伝統を受け継ぐといった面で橋を架け続けるというのもまた重要だと私は思う。

さて。 駐車場を探すのに少し手間取ったものの、錦川の河川敷に広々と駐車場が設けられていたのでそこに駐車。
料金が300円くらいかかった気がするが、こればっかりは致し方ない。
砂利道をがたがたと、レンタカーに傷がつかないだろうかと億劫になりながら進み、
車から出てみればすぐに錦帯橋の5連アーチが目の前に。

▲遠くからでも分かる錦帯橋のアーチ
駐車場からの景色は、錦帯橋、岩国城、見事な晴天、そのすべてを収められる、個人的に一押しスポットだ。

そんなわけで錦帯橋のほうへと足を運ぶ。
錦帯橋は渡るために入場料が必要となる。橋を往復するだけなら310円。
しかしせっかく目の前に岩国城があるというのに橋を渡るだけなんてもったいないったらもったいないっ。
ロープウェイの往復と岩国城の観覧料も併せて970円で販売しているので是非ともこれを買うべし。
ちなみにセット券を買うと、橋を渡った先にある「吉香公園」にある美術館等の割引チケットもついてくる。
一石二鳥どころか四鳥くらいある。お得すぎるぜ。

▲近くから錦帯橋

チケットを買い、そのまま錦帯橋を渡り始める私たち。

▲錦帯橋を渡り始める
始めに感想を言っておくことにしよう。
階段がめちゃめちゃ下りづらい。 アーチ状になっているが故、階段がないと急こう配になってしまいまともに渡れる橋ではなくなってしまうので
致し方ないのであるが、それにしても階段が実に下りづらい。
まわりの景色に気を取られていたら普通に足を踏み外す。
幸いにも段は浅いので踏み外しても転ぶだけで済むのだが、景色を見る時と渡る時は分けて楽しむことをお勧めしたい。

そんな景色であるが、天気がよかったおかげで素晴らしい写真をいくつも撮ることができた。以下に順に並べておこう。

▲上流を望む、水面が綺麗

▲個人的に一押しの1枚。釣り人のシルエットがいい味

▲対岸側から遊覧船と一緒に
ちなみに道幅は5~6人くらいなら並んでも問題ないくらいの幅が確保されている。
手すりも頑丈にこさえられているので、多少もたれかかっても特に問題ないだろう。
もちろんまわりに迷惑がかからないように配慮しながら楽しみたい。

▲もうすぐ渡り終わり
錦帯橋自体は5分もあれば渡り終えられる。

吉香公園

錦帯橋を渡った先にあるのが「吉香公園」。読み方は「きっこう」。
戦国時代が好きな人ならわかると思うが、このあたりは吉川を「きっかわ」と読んだりする、それと同じ。
この公園、本当に綺麗な公園で、ただのそこらの公園とは格式が全く違う。
まず背の高い木々が間隔をあけて植えられており、日光を存分に浴びることができる。
そんな木々が色鮮やかに色づくわけ、目が喜ぶったらこのことだ。

▲色づく広葉樹

▲鮮やかな紅葉
各所に「塀」のような遺構があるが、これがこの吉香公園を歴史公園たる価値を高めている理由で、
旧岩国藩主吉川家の居館跡であるというから歴史ファンもまた大喜びというわけだ。

▲遺構が各所にある
極めつけが噴水のアーチ
この公園を紹介する公式ページにも載せられており、自慢の噴水なのであろう。
近くまで足を運ぶことができ、水しぶきを堪能することができた。夏なんかは実に気持ちがよいだろう。

▲弧を描き、舞い落ちる水しぶき
これだけにとどまらず、鵜が展示されていたり、白蛇の展示館があったりと、
ここだけで数時間時間を潰せるだけの施設が勢ぞろいとなっている。

▲展示されている鵜

▲日本庭園のような場所も

そんな吉香公園の端っこにあるのが、岩国城へ行くためのロープウェイ乗り場。

▲ロープウェイ乗り場
岩国城へ行くためにはこのロープウェイに乗っていくことになるが、
単に錦帯橋とこの吉香公園を眼下に望むためだけに足を運んでも十二分の価値があるだろう。
セット券についている券を切り離してしまうと無効化されてしまうと書いてあるので念のためギリギリまで外さないように。
とはいえ乗る直前に切り離すのも時間がかかってしまうので先端少しだけ離しておくとスムーズにいけるはず。(私はこれで問題なかった)


▲ロープウェイ
定員30名程度のうち20名程度を乗せ、ゆっくりロープウェイは出発する。
ロープウェイお馴染みの観光案内放送が流れるものの、
乗客の脳内はもっか眼下に見える錦帯橋と吉香公園に占領されてしまう。
実際私もどんな放送があったか全く覚えていない。
ロープウェイが出発してすぐ吉香公園の全景を見渡せるようになり、

▲吉香公園
次第に標高が上がるにつれ錦帯橋や、遠くは岩国の基地まで見える。

▲一気に視野が広がる
ロープウェイ自体は2~3分程度で頂上に到着するが、時間に対しての満足度は比ではないだろう。何度でもお勧めしたい場所である。

第0話:旅先紹介
第1話:太陽の塔と日本庭園
第2話:いざ、三段峡
第3話:猿飛と双爆の滝
第4話:VSヤマメ
第5話:紅葉とダム湖と
第6話:錦帯橋
第7話:岩国城
第8話:宮島四苦八苦
第9話:荘厳なる神殿・厳島神社
第10話:臨機応変か無計画か
第11話:三大庭園級、栗林公園
第12話:ネオンに惹かれ
他の旅行ブログはこちら